<   2011年 06月 ( 49 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

国際ジャーナル 原発停止によるこの夏の影響を考える

懸賞 2011年 06月 09日 懸賞

菅首相の要請によって浜岡原発が停止する事になった中部電力ですが、浜岡原子
力発電所の運転停止に伴う夏場の電力供給対策として、愛知県内の火力 発電所
を再稼働させるなどを検討しています。これによって電力の供給量を最大73万
キロワット増やすことを目指すそうです。今年の夏が猛暑になっ た場合などに
は電力が不足するおそれがあるかもしれません。そのため企業や一般家庭では夏
場の節電が今まで以上に必要となってくると言えそうで す。





国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-09 16:16

国際通信社の国際ジャーナル 最近の携帯電話のトレンド

懸賞 2011年 06月 08日 懸賞

このところ、アップルから新しい製品が発表されるなど、携帯できるITツール
はますます盛んになってきています。このあたりの動向については、国際ジャー
ナルでも分析をしてもらいたいところです。近頃ですがタッチパネルで操作する
ケータイが身近になってきている感じがありますね。これはどうしてでしょう
か?タッチパネルを搭載する携帯電話は、これまでもありました。ですから特に
真新しさがあるわけではないようです。最近話題になっているアイフォンのタッ
チパネルが、その原因かもしれません。特にマルチタッチといわれる機能が評価
を得ているみたいですね。画面上の画像に対して、拡大、縮小、回転などの操作
がとても楽になっていますから、2本の指を使うだけで簡単に作業を行えるとこ
ろがいいみたいです。タッチパネルの用途は、携帯電話・スマートフォン用が過
半数というのが業界のデータのようです。やはり、成長している産業機器につい
ては、次から次へと新しいテクノロジーが使われて発展していくのかもしれませ
ん。ポータブルゲーム機用も主力製品です。いずれにしても、タッチパネルの将
来性については、これからもマスコミのニュースなどについて注目していきたい
と考えています。







21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道ニッポンで取材されました
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-08 23:18

国際ジャーナル てるてる寄席

懸賞 2011年 06月 08日 懸賞

大阪府守口市の玄関口である京阪守口市駅前には商業施設があります。
この商業施設で月に1度、空き店舗対策として落語だけではなく、手品や音楽などを
披露する「てるてる寄席」が開かれて、買い物客などに好評を得ているそうです。
抜群の立地にありながら、近年は大型店に押されるなど苦戦が続くことから、専門店会
が3月から企画したそうなのです。
この守口市の商業施設だけではなく、様々な地域でも商店街や商業施設で空き店舗が
目立つところが多いのではないでしょうか。
大型ショッピングモールやデパート、スーパーなど便利な場所があるのはありがたい
のですが、商店街などでも楽しい買い物はできるように感じます。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報社
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-08 19:14

ザ・ヒューマンの経済誌 被災者との交流会

懸賞 2011年 06月 08日 懸賞

東日本大震災で大阪府枚方市に避難してきた被災者の交流会と落語、手品鑑賞会が
5月29日に枚方市内で開かれたそうです。岩手、宮城、福島、千葉など各県から
被災者4世帯計13人が参加して、心境を打ち明けたり、舞台を楽しんだりした
そうです。
また被災者同士で情報を交換することで、悩みや考えていること、今後の課題など
が分かり合えるのではないでしょうか。
枚方市が「全く知らない町」だったということであれば、不安も大きいことでしょう。
少しでも地域が協力して、楽しく生活ができるように、そして安心して生活ができる
ようにと考えていただければ嬉しいですね。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-08 11:31

ザ・ヒューマンの経済誌 金融機関の協力による賠償スキームの是非

懸賞 2011年 06月 07日 懸賞

東京電力の賠償責任についてですが、金融機関の善意や良識に頼って賠償スキー
ムを作るというのは甘い考えではないかと言う意見があります。これは どのよ
うな背景があるのでしょうか。法的根拠、予算措置などの他東京電力の合意を取
り付けて賠償スキームは発動されるべきという事の様です。政府 として、この
スキームを主張したいという気持ちはわかりますが、まずは東京電力が自力で責
任を果たすという前提から始まるべきではないかと思いま す。



21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-07 12:10

大人の経済誌・国際ジャーナル・報道ニッポン 商談会を活用した輸出拡大

懸賞 2011年 06月 07日 懸賞

日本の食品の対中輸出について、これからどうなるでしょうか。今行われている
制限や措置を緩和する用意があると、中国サイドでは発言がでていま す。日本
の農産物などへの輸入規制を、今後は緩和される見通しが立っています。中国に
対しては、大規模な商談会なども予定されていますから、日本 の被災地の商品
をそこで売り込んではどうでしょうか。日本政府も最大限に協力して、これから
は中国への輸出拡大を図ってほしいところです。





国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
lua.weblog.am
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-07 01:01

ビジネスと国際ジャーナル 放射能の安全性をしっかりと確認してほしい

懸賞 2011年 06月 06日 懸賞

福島第一原発事故によって、地域の安全性を確保することが重要となっていま
す。政府として、国が福島県内のすべての公立の小中学校や高校などに放 射線
を測定する線量計1700個を配布することを決めていますが、これは当然の対
応でしょう。原子力発電所を抱える全国の自治体や企業などの間で も線量計を
備える動きが広がっており、品薄の状態が続いているそうです。メーカーとして
は対応が大変だと思いますが、ここは頑張って欲しいと思い ます。



国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-06 12:47

国際画報・現代通信社・報道月刊誌 風評被害の払拭を呼びかける

懸賞 2011年 06月 05日 懸賞

福島第一原発の事故によって、日本と世界の貿易についての関心が高まっていま
すが、一部の国が輸入規制を強めたことをどのように考えればいいので しょう
か。世界各国はWTO(世界貿易機関)のルールに反する措置を回避することで
合意したという動きが最近報道されています。原発事故に伴う風 評被害の払拭
を呼びかけた日本の主張が、国際的に認められる形になっています。これから日
本としても、正確な情報提供が必要になると思います。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルからの飛躍
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-05 19:56

国際ジャーナルと職人 遊びながら学ぶ「防犯」

懸賞 2011年 06月 05日 懸賞

子供を連れ去り事件などから守ろうと、東住吉署などが5月28日に子供安全大会
「ぼうはんであそぼ!!」を大阪市東住吉区で開いたそうです。
学生ボランティアが寸劇などを疲労して、幼稚園児や保護者ら約300人が楽しんだ
そうです。
話を聞くだけであれば、子供たちも退屈するかもしれませんが遊びから様々なことを
学ぶというのは、子供たちはどんどん吸収するような気がします。
今は、本当に怖い世の中になりました。
子供という弱い立場の人間に犯罪を向けることを考える悪い大人が増えているように
思います。なぜこのような世の中になってしまったのか、残念でなりません。
地域全体で子供たちを守り、安心して生活ができる町にしたいものですね。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
取材日記 国際通信社
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-05 10:34

ザヒューマン・取材とは 政府の主張する賠償スキームについて

懸賞 2011年 06月 04日 懸賞

東京電力の賠償責任についてですが、金融機関の善意や良識に頼って賠償スキー
ムを作るというのは甘い考えではないかと言う意見があります。これは どのよ
うな背景があるのでしょうか。法的根拠、予算措置などの他東京電力の合意を取
り付けて賠償スキームは発動されるべきという事の様です。政府 として、この
スキームを主張したいという気持ちはわかりますが、まずは東京電力が自力で責
任を果たすという前提から始まるべきではないかと思いま す。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代プレス | 現代画報 国際ジャーナル 報道ニッポン
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-04 10:24