<   2010年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

円高についてはこれからも注意が必要?

懸賞 2010年 08月 31日 懸賞



最近の日本で気になるところですが、やはり円高が急激に続いているところでは
ないかと思います。これについてはどのような背景があるのでしょうか。この点
については、国際ジャーナルでも解説を行ってもらい たいところです。そのよ
うな点が、経済の知識を深めるのに役に立つのではないかと思います。経済学者
の間では、米欧が外需 拡大を狙い自国通貨安を容認する点を指摘しています。
これは日本においても、より進んだ為替対策必要 であるということなんでしょ
うか。日本の対策としては、まだまだ後手に回っているというところがあるのか
もしれませんね。対 ドルで一時1ドル=84円台まで進んでいま す。これは
15年ぶりの円高ということです。デフレ経済における日本にとってはとても厳
しい状況になって きているのではないでしょうか。株価もこの円高を反映し
て、下落が続いています。リーマンショック以後、世界経済は持ち直しを見せて
いま したが、本質的にはまだ回復していないのかもしれません。これからも注
目ですね。日本は貿易に経済を依存している国ですから、為替の動向 について
はやはり注意する必要があります。経済には難しいところがありますので、日々
勉強していきたいところです。




国際通信社
[PR]

by houdoutsushin | 2010-08-31 16:58

犯罪者にも寛大なアメリカ?

懸賞 2010年 08月 31日 懸賞

リンジー・ローハンさんといえば、アメリカでは知らない人がいないほどのお騒がせキャラのセレブですよね。そんなリンジーさん、2007年に飲酒運転に伴う保護観察規定に違反した罪で、今年の7月20日からアメリカはカリフォルニア州ロサンゼルスの刑務所に収監されたていたのをご存知ですか?いちおう、90日の刑期だったそうですが、わずか13日で出所し、出所後に、最初に受けることになっているアメリカの雑誌、「OK!」のインタビューのギャラが、なんと100万ドル(約8546万円)なんだそうです!日本の芸能人じゃありえないですよね~。なんでも、リンジーさんの刑務所内の体験談に対するニーズが高いんだとかで、ニューヨークやロスのイベントに参加するだけでも、2万5000ドルから10万ドルのギャラが見込まれているって話ですよ。しかもラスベガスのショーに出演すると、最大で50万ドルもの大金を稼げるのだそう。罪を犯してもこんな大金が稼げるとは!ちなみにリンジーさん、8月2日からUCLAメディカル・センターのリハビリ施設に入所し、リハビリ施設から知人にメールで、「このままアルコールと縁を切って、芸能人としてのキャリアを立て直すことを決意した」と話しているのだとか。がんばれ~!
報道ニッポン
[PR]

by houdoutsushin | 2010-08-31 13:37

長妻厚労大臣に直撃してました、「日本が目指すのは?」

懸賞 2010年 08月 30日 懸賞

長妻厚生労働大臣に直撃!日本が目指すのは?



テレビ局が、長妻厚労大臣を呼んで討論していました。



昔は5人で、1人の65歳以上、高齢者を支えていた。

現在は、3人で、1人の65歳以上、高齢者を支えている。

今後は1人が、1人の65歳以上、高齢者を支えることになる。



と、長妻厚労大臣は言っていました。



高齢化社会になっているのに、出生率が低迷しているのだから、

仕方ないでしょう・・・



出生率を上げるのが一番でしょうが、これから出生率を上げても、

高齢者を支えられるようになるには、20年はかかるりますよね?



そして今、一人暮らしの高齢者が多くなっている。



これも問題のひとつでは?

一人暮らしをする高齢者に対しての福祉サービスは、

同居をしている高齢者よりも、お金の負担が多くないですか?



買い物難民が騒がれていますが、それに行政が対応しているところもあります。

とても良いことなのですが、それも国民の税金を使っているんですよね?



そして、所在不明な高齢者問題も浮上しています。



可能であれば、65歳以上の高齢者に対しては、子どもが面倒をみるような

制度にしてしまえばいいのでは?



もちろん年金が受給できる方でしたら、年金の受給は受け取れますよ(笑)



お子さんがいない方でしたら、介護施設や介護サービスを受けている証明の提示。

厳しい事を言いますが、子どもは成人するまでに、1人1000万はかかるはずです
ので、

お子さんがいない場合、かなり貯蓄はできるはずです。



まぁ、こんなの夢の話ですけど・・・



国民は行政や国に頼り、行政や国も良いことした♪と自画自賛。

ふたを開けてみたら、使われているのは税金。

天下りなどにはとうぜんですが目を光らせています。

良い事だからおこなっているサービスの中にも、

一部の人しか恩恵を受けていないこともあるでしょうね。


報道通信社
[PR]

by houdoutsushin | 2010-08-30 20:24

ゆうちょ銀行、IBMを訴えるのか?!

懸賞 2010年 08月 30日 懸賞

そういえば先月、ゆうちょ銀行で民営化された後に最大規模と言われるシステムトラブルが生じましたよね~。それで困った方もいらっしゃるかもしれませんが、そのシステム障害の原因がわかったようです。なんでも、アメリカの大手、IBM製の磁気ディスク装置(HDD)内にある制御装置のプログラムの欠陥、バグが原因だったそう。ゆうちょ銀行は2台ある制御装置のうち、誤った命令で正常な装置のほうを切断してしまい、障害側を稼働させてしまったために大規模な障害を招く結果になってしまったのだとか。このことでゆうちょ銀行はIBMに対して、損害賠償請求を行う方向で検討中なのだそう。うーん確かに、このトラブルはちょっと大きすぎましたよね~。訴えるのかな? 障害が発生した今回のHDDは、IBMの主力製品だそうで、日本では約1000台、世界で1万台以上が稼働しているんだそうで、特に多くの金融機関に納入されているらしいですから、ゆうちょ銀行以外でもトラブルが起こる可能性があるかもしれませんね。ちなみにゆうちょ銀行は現在、IBMの保守要員常駐と24時間監視の下で、またこの旧HDDを使用しているそうですが、9月頭にもプログラムを改良した新機種に完全移行する予定だとか。当り前か。

国際ジャーナル
[PR]

by houdoutsushin | 2010-08-30 15:36

元木さんと大神さんに第2子誕生

懸賞 2010年 08月 30日 懸賞

 元巨人で野球解説者、タレントの元木大介さんと、元日本テレビアナウンサーのタレントである大神いずみさん夫妻に、8月11日に第2子となる男の子、瑛介(えいすけ)くんが産まれたそうです!演歌歌手の長山さんもアラフォー出産でしたが、アラフォー出産増えてますね~!大神さんは、自分のブログを5カ月ぶりに更新したそうで、16日付のエントリーで「8月11日、午前11時過ぎ。我が家に3304gの男の子が生まれました」と書かれているそう。ちなみに、今年3月12日付のブログでは、3か月半ぶり更新で、第2子を妊娠し、現在妊娠5か月と報告していたそうで、今回も5か月未更新だったことを「ワタシは…とにかく、40歳を過ぎての妊娠でいろんなことがコワイコワイ( ┰_┰) 用心に用心に用心を重ね重ねて、ちょっとめんどくさい妊婦なくらい大事に過ごしてきた9か月でした」と慎重に過ごしていたと話されているようです。確かに、アラフォーだし、20代よりも慎重になるかも?!しかも陣痛中は、大神さんの枕元で「ママ、うるさいんだけど~」と言っていたという長男のかいじゅーくん四歳が、赤ちゃんの名前を決定したカギになったそう。というのも、「赤ん坊が生まれきた瞬間、いくつか用意していた名前の中から『わあ、えいすけ!おにいちゃんだよ~♪』と呼びかけてしまったので( ̄0 ̄;、名前は 元木瑛介(えいすけ)と申します」とブログで話されていましたから(笑)。次の更新は、どんな報告が聞けるのか楽しみですね~!

国際通信社
[PR]

by houdoutsushin | 2010-08-30 12:42

大文字山のTとH

懸賞 2010年 08月 27日 懸賞

2010年のプロ野球、阪神と巨人の首位は抜きつ抜かれつ、ますます行方がわ
からなくなっています。

長きに渡りダメ虎だった阪神は21世紀になって二回も優勝していますから、フ
ァンの「V奪回!」の気分は今年の猛暑の気温よりも上がっていく気配。

これから秋に向けて首位攻防がますます激しくなりそうですね。

さて、2010年8月の現代画報の記事にも「夏の風物詩 京都の五山送り火」と
あるように、京都が夏から秋への移り変わりを告げるのが、大文字山をはじめと
する五山送り火。

阪神が優勝した2003年、今日で優勝か?と思われる日に、熱狂的なファンた
ちが大文字山に登り、阪神タイガースのイニシャルTとHを懐中電灯で点灯させ
、市民を仰天させたという事件がありました。

大学生を中心としたグループによる、神聖な祈りの山でのこの愚行。きついお灸
をすえられたのも当然ですね。


さて、今は五山だけのの送り火は、以前はもっとたくさんの山で行われていたそ
うです。


左京区市原の「い」、右京区鳴滝の「一」、西京区松尾山の「竹の先に鈴」、左
京区北嵯峨の「蛇」、右京区嵯峨観空寺の「長刀」などがあったそうです。

タイガースマークはもってのほかですが、これらは楽しそうで、なんだか見てみ
たくなりますね。



国際通信社
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
[PR]

by houdoutsushin | 2010-08-27 20:00

あの世への門

懸賞 2010年 08月 27日 懸賞

暦の上では立秋、処暑と、秋を告げる節目を迎えてはいるものの、まだまだ猛暑
が続く日本列島。

しかし夏至からほぼ2ヶ月、間違いなく日は短くなってきています。

京都では、8月16日のお盆の精霊の送り火、五山の送り火を過ぎると秋が来る
、と言われています。

「大文字」の大の字が一番有名ですが、これは京都東山の如意が岳の大文字山に
ともります。

如意が岳の大文字に対して「左大文字」と呼ばれるのは、北区の金閣寺近くにあ
ります。

このほか松ヶ崎の「妙法」、西賀茂の船山の「舟形」嵯峨の曼荼羅山の鳥居本を
合わせ、「五山の送り火」と呼ばれています。

私も2度ほど見物に行ったことがあります。1度目は洛中からタクシーを駆使し、
各山の点火時刻に合わせてできるだけ多くの送り火を見られるスポットに移動す
るという忙しいのでした。

嵯峨の「鳥居形」は、有名な嵯峨野、渡月橋の近くの河原から眺めたのでしたが
、真っ暗な山に、文字通り鳥居の形が浮かび上がる姿はなんだか怖くもあり、本
当に幻想的でした。

鳥居の形があの世への門のように思われ、お盆の間この世に還ってきていたお精
霊(おしょらいさん)達が、そこをくぐって冥府へと戻っていくような錯覚に陥
ったものです。


現代画報2010年8月号の記事に「夏の風物詩 京都の五山送り火」とありまし
た。今年の送り火はもう済みましたが、京都に秋はもうきているでしょうか。


報道ニッポン
[PR]

by houdoutsushin | 2010-08-27 16:22

中国の軍事力と今後の国防

懸賞 2010年 08月 27日 懸賞



お隣の国の中国ですが、経済的に非常に 力をつけてきています。これからはア
ジアの大国として、中国のイニシアチブが高まってくるのではないかと思いま
す。単に経済的な発展だけ ではなく、中国の軍事力についても注意をしていく
必要があるのではないでしょうか。中国の軍事力はどれくらいの実力なのでしょ
うか。この 点については、国際ジャーナルでも詳細な分析を行ってもらいたい
ところですね。最近は、中国の急速な軍拡が脅威ではないかという論調も増えて
います。実際のところはどうなんでしょうか。仮にアジアの 海の安定を損なう
ようなことになれば問題かもしれませんね。日本の安全保障にとっても、中国の
軍事力 についてはこれから警戒心が高まってくるのかもしれません。軍事力を
強めるにつれて、中国は外交面でも強圧的な姿勢を見せ るようになるのでしょ
うか。南シナ海では チベットや台湾と並ぶ核心的利益であると中国は主張して
いるそうですが、これからどのようになっていくので しょうか。米韓が黄海で
計画している軍事演習では、中国が米空母の参加に強く反対し、米中の対立が強
まっている状況もあります。日本としても、新しい国防の考え方 が、これから
必要な時代になってきているといえます。




国際ジャーナル
[PR]

by houdoutsushin | 2010-08-27 10:45

マナーとか気配り

懸賞 2010年 08月 25日 懸賞

毎週、中央本線の特急に乗るようになってから
早、数ヶ月。
さすがに今の時期には少なくなったけれど、
夏には、都内からちょい遠く、位の感覚だからか
山登りスタイルの老若男女がたくさん乗車しておられました。
東京都内では、高尾山に登る若い方が増えたようですし、
ちょっとしたブームとなっていましたね。
でも、とっても困ったのは、ここ数年はそんなに混まずに
座れていた電車だったのに、指定席をとらないと
座れない、などということが数回続きました。
指定をとらない私もうっかり屋で困ったものですが、
山登りのリュックはなかなか頑固な荷物で、
人一人分くらいはスペースをとってしまうんですよね。
混みあっているときは、ちょっと大変でした。
ブームに乗るだけじゃなく、長く楽しんでいくためにも
マナーとか気配りなんてのも必要なのでは?なんて
思ったりして。
現代画報
[PR]

by houdoutsushin | 2010-08-25 12:05

子供のための玩具

懸賞 2010年 08月 24日 懸賞

先日、ある新聞記事に「遊んで学ぶ経済」という記事が載っていました。

子供が遊びながら、お金や経済の仕組みを学べる玩具が人気を集めているのだそうです。

「子供の年齢にあわせて選べば、我が子への金銭教育の教材としても期待できそうだ」とのことです。

4歳から遊べるゲームがあり、内容はお小遣いをやりくりしながら買い物を楽しむ「お買い物ゲーム」
がセットになっているんだそうです。ゲームの基本はすごろくと同じだそうで、サイコロを振って出た目
のコマを進めて、止まったマスに描いてあるカードをめくるんだそうです。

カードは3種類あるそうです。「ニーズカード」というものは、カードに描かれている文房具や日用品を
買わなければならないというルールがあるようです。「ウォンツカード」というものは、おもちゃやお菓子
など、必ず必要でないものが描かれてあって、限られたお小遣いの中で買うかどうかを自分で決めるんだそう
です。
遊びながら、必要なものと欲しいものとの違いやお金の使い方が自然と身につくんだそうです。

また、年齢が上になると流通や経済のしくみが理解できるゲームがあるんだそうです。

これは、プレーヤーがレストランのオーナーになって売り上げを競うゲームなんだそうです。
これもすごろくと同じだそうですが、すごろくを進めながら必要な食材を買います。食材の価格は、引いた
カードの内容で変動するんだそうです。
このゲームは、状況を的確にとらえていかに安く食材を買うか・・・の判断力が必要になるんだそうです。

あるメーカーの担当者の方の話によると、お金についての正しい知識は子供の頃から身につけることが重要
なんだそうです。
確かにそうですよね・・・。お金の大切さ、重要さ、使い方を身につけていれば将来、自分にとってプラス
になるのではないでしょうか。汚い言い方かもしれませんが、世の中「お金」で動いてますから・・・。

私が勝手に思っているのですが、実際にそのようなゲームで遊ばせてすぐに理解するのは本当に難しいでしょう。
時間がとてもかかるかもしれません。でも、子供のためになるのであれば親も購入を考えてしまいませんか?
我が子が将来、社会に出たときに役立つように・・・そんな願いを込めながら・・・。

そういった理由から、今回のこの「遊んで学ぶ経済」を目的とした商品に人気が出ているのでしょう。

ただ単に「遊ぶ」のではなくて、遊びの中から学べるというのは子供にも受け入れやすいのではないでしょうか。

いくつかのメーカーが「遊んで学ぶ経済」を目的とした商品を発売されているようなんですが、私個人的な
意見として「お値段が高い・・・」と、残念な気持ちになってしまいました・・・。



国際ジャーナル
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
[PR]

by houdoutsushin | 2010-08-24 21:47