<   2010年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

現代画報社 禁じれば禁じるほど

懸賞 2010年 05月 20日 懸賞

報道ニッポン5月号の「禁煙大国になれるか?」という記事、分煙どころか、我が神奈川県は公共的施設における「受動喫煙防止条例」を出したのを見ていると、確かに禁煙大国なんて言葉も夢じゃないのかと思いますよねえ。まあ、大人ではなく、未成年者の喫煙をやめさせたい一心で法的手段に訴え始めたわけです。taspo導入で少しはマシなるかと思えど、taspoを貸し借りしたり、コンビニで購入したり(年齢確認の徹底がなされていない店ね)、家族が貸してしまうとかね。家族はまずいですわ。よく聞くのは、母親が吸っている家庭の子は男女関係無く喫煙率が高いということ。外で働くお父ちゃんより一番身近な存在であるお母ちゃんがスパスパやってりゃ、子供ばかりを責めるわけにはいきません。それに副流煙の方が有害物質が多く含まれてるので、受動喫煙は子供にとっては本当に深刻なことです。赤ちゃんの時から狭い室内で紫煙に巻かれて育つのはねえ。。ま ウチも母が吸ってました。子供心に「煙草ってくさい」とは別に思わなかったから怖い。慣れというヤツです。それに、大好きな母親が吸ってるものを嫌いとはなかなか思えませんからね。。でも、・・佑瓦澆涼罎任諒發⑰豼陲世韻狼・靴舛磴い・鵝、曚鵑辰抜蹐覆ぁ、屬鵑屬鷄豼雹・辰討觴蠅鮨兇蠅笋・辰董・燭琉Ρ豌箸魯泪福爾鮗蕕襪里任后・覆爾辰董・豼陲狼せ・僧匹・好僉璽辰筏曚┐討海住櫃い・蕁5扮貊蠅妊灰愁灰宗・控だ陲硫爾妊灰愁灰修呂笋辰僂衂毀・ぁ・修Δ覆襪函・貘里匹海乃曚┐个いい鵑任靴腓Δ・諭・・・・・・
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際ジャーナルの投稿サイト
[PR]

by houdoutsushin | 2010-05-20 12:08

国際ジャーナル マネキンはやせ過ぎだそうです

懸賞 2010年 05月 19日 懸賞

イギリスの摂食障害の支援団体が、マネキンメーカーの発表した最新マネキンモデル
サイズについて、

「マネキンがやせ過ぎ」と指摘したことで波紋を呼んでいます。



来月のコレクションで、最新のマネキンを発表するマネキンメーカー「Rootstein」


男性マネキンモデルサイズは、胸囲89センチ、胴囲68センチ、

これは英国民健康保険サービス(NHS)が公表しているイギリス人の平均体型より
も、

合計で28センチも細いそうです。


摂食障害者を支援する英慈善団体「Beat」によると、摂食障害の男性は近年増加傾向
にあり、

拒食症や過食症は女性だけの問題ではなくなっているとのこと。



近頃は、少年や成人男性も女性同様に、自分の体型にプレッシャーを感じていて、

店のショーウィンドーなどに飾られた極端に細い男性マネキンの姿は、

男性にも不健康な影響を与えかねない。もちろんそれは、男性だけでなく女性に対し
ても、

同様の影響を及ぼす可能性があると指摘しました。



マネキンはたしかに細すぎですよね。

見た目を良くするためなのでしょうが、マネキンが着こなしている服を着ても、

マネキンのようには、たぶんほとんどの方がならないでしょう・・・(笑)



イメージというものは、ものすごく大事なものです。

マネキンは、やはりマネキンなのですが、それを、自身と当てはめてしまうことも当
然ありえますね。



大きなサイズのお店で、大柄なマネキンを見たことがあります。



それはそれで、想像しやすかったですよ(笑)



マネキンの理想ばかり追い続けないで、標準体型にすればいいのではないでしょう
か。


月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年1月号のご案内 | 現代画報社 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki
[PR]

by houdoutsushin | 2010-05-19 16:22

国際ジャーナル 鳩山首相と沖縄基地問題

懸賞 2010年 05月 18日 懸賞

鳩山首相は・・・遅すぎですね。



それに、言っていることが二転三転しすぎです。



マニュフェストには、たしかに普天間については

何も書いていませんでしたが、沖縄での選挙戦の時に



「普天間移籍」と唱えましたよね~



結果、沖縄にはそれまで民主はいませんでしたが、

昨年の夏の選挙で民主党が政権取りました。



そこまで、沖縄の人達は鳩山首相、

そして民主に期待したんですよ!



国外だ、県外だ、そして腹案がある・・・



腹案はマスコミが騒いだように、徳之島ですよね~

それって、腹案なんかじゃないでしょうが(笑)



もともと、徳之島を考えていたから情報が漏れた。

以前に徳之島に。。と言ったところで、すぐに行動を

おこしていたら良かったのでは?



普天間基地移設問題は、鳩山首相、行動が遅すぎです!



鳩山首相がノラリクラリしている間に、

あちらこちらでデモがおこなわれた。

こうなったら、誰も何処も基地なんて、

受け入れなんてしませんよ~



今日、徳之島三町長と会談した鳩山首相ですが、

平行線の話題に、徳之島三町長は鳩山首相と、

もう合わないと語りましたね。



その後・・・



鳩山首相、15日に予定されていた沖縄訪問を延期しました。



もう、鳩山首相じゃ、何も解決できないのではないでしょうか。


国際ジャーナルを求めて 国際通信社 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています
[PR]

by houdoutsushin | 2010-05-18 13:14

報道ニッポン 富良野塾の遺産を継ぐ教育

懸賞 2010年 05月 17日 懸賞

以前、ドラマで「北の国から」が放送されていたと思います。「見ていた」という人も多い
のではないかと思います。ドラマを通じて北海道が好きになったという人もいるでしょう。
その「北の国から」の舞台となった北海道の富良野市で、道立高校に「演劇」の科目を設け
る構想が浮上しているのだそうです。

脚本家の倉本聰さんが富良野市内で26年間にもわたって開いてきた演劇塾の遺産を、教育
として受け継ぐ考えだということです。

倉本さんは1984年から、俳優志望の若者らが演技や脚本作りを学ぶ場として「富良野塾」を
主宰してきたそうです。今年の4月に、開塾四半世紀を区切りに活動を終えたのですが、市内
には塾の拠点だった本格的な舞台装置を備えた劇場が残り、富良野に残って活動を続ける元
塾生のグループも現れるようになったのだそうです。

富良野市の教育長は、富良野に根付いたこうした劇場の灯に目をつけて、「地元の高校の教育
に取り入れられないか」と、北海道教育委員会に提言書を提出したのです。
プロの俳優や脚本家の要請が主眼ではなく、演劇を通じて人間性を高めることを理念にすると
いうことです。倉本さん自身も応援しているといいます。

演劇という場で、自分とは異なる人物を演じるというのは面白いものだと思います。テレビを
通じて様々なドラマが放送されていますが、見ていると「この人は本当にこのような性格なの
ではないか」と思い込んでしまいます。私自身は、そのような素質は全くないと思っています
が、異なる人物を演じることで、様々な人の気持ちが理解できるような人間になるのではない
でしょうか。


国際ジャーナルからの誘惑 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット
[PR]

by houdoutsushin | 2010-05-17 11:45

現代 現代画報社 水を差す

懸賞 2010年 05月 14日 懸賞

いよいよ上海万博が開催されましたね。日本では大して盛り上がってませんが、盗作疑惑で世間の関心を集めてしまっている感じです。PRソングと中国館の盗作疑惑。マスコットキャラクターはアメリカのキャラクターの盗作だと揶揄されています。せっかく万博史上最大規模と最多参加国を誇る万博だというのに、こんなことで水を差されては、中国だけでなく参加国、中国人、世界中から訪れるであろう来場者の気分を害するというものです。確かに万博では開催国が大きな役割を果たしますが、本来は世界が力を上げて催すイベントなのですから、もう少し国同士の連携というか、話し合いみたいなものをしっかり持つべきだったのでは。
でも、今回の万博において、中国がこれまでの自国中心主義に集中せず、世界の中の中国・世界の一員である中国を意識しているように見えます。それは裏を返せば、中国の成長の証であり、世界市場を相手にした未来への展望を大いに予感させるものです。今でも十分ビシビシと中国の急成長の足音は感じますが、経済面だけでは世界に浸透はしません。中国が本当の意味で成長するためには、国際社会から手放しに認知されなければならない、のだと思います。そのためには国際貢献が必要でしょうし、環境保全への取り組みが求められます。イデオロギーの壁を超えた中国の躍進は、国際通信社の雑誌でこれからどんどん取り上げられていくことになりそうです。



insete.sphere.sc 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki 現代画報は現代画報社から出版されています
[PR]

by houdoutsushin | 2010-05-14 11:06

国際ジャーナル 補助金ばらまき?

懸賞 2010年 05月 13日 懸賞

昨年8月に行われた衆議院選挙で大勝し、初の自民党以外の内閣が発足しました。

民主党の掲げた盛りだくさんのマニフェストの一つ、農業者戸別所得補償制度が
この4月からスタートます。当初は2011年度から実施の予定でしたが、一部1
0年度からの先行導入となりました。

現代画報2010年4月号の記事「日本の農業は生き返るか?若者を魅了する農
業を目指せ!」でも提起されているように、日本の食料自給率は40%。この自給
率向上をうたって設けられた制度です。

国や都道府県などの自治体が策定した「生産数量目標」にのっとって、米や麦な
どの主要農産物の生産に携わった販売農業者対し、その費用と販売価格の差額を
基本として交付金を交付する、という
もの。

この制度に参加するコメ農家には、米価水準を問わず、10アール当たり全国一律
で1.5万円の定額補償が支払われことになっています。

これは、年金受給や、サラリーマンとして所得を得ている兼業農家も対象。

しかしこの補助金めあてで、何と、大規模農家に田んぼを貸していた農家が、委
託農家に農地の返却を迫る「農地の貸しはがし」も起きているとか。
貸すより、自分の土地として補助金をもらった方が得、ということのようです。

これでは本当の農業再生を阻むことになりますね。「補助金のばらまき」になら
ないように願いたいものです。




現代画報 料金と価値 現代画報社 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 現代画報は現代画報社から出版されています
[PR]

by houdoutsushin | 2010-05-13 14:04

国際ジャーナル モト冬樹、結婚!

懸賞 2010年 05月 12日 懸賞

個人的には一生結婚することはないのかなと思っていた、タレントのモト冬樹さん(59)が、なんと結婚されたそうです。なんでも、モトさんの誕生日が5月5日なのだそうで、このモトさんの誕生日に、都内の区役所に夫人の由美さん(49)と婚姻届を提出されたそうですよ。良かったですね~!そしてそのあとは、池袋の東京芸術劇場で会見を開かき、急きょ由美夫人を初披露したモトさんは、「ずっと一緒にいたのでこんなもんかな。でも、やっと落ち着けたという感じだし、年取ってもハゲていても結婚できると証明できた!」と笑顔でコメントされていたそう。「年とって禿げていても」ってところが、笑えますよね~!報道陣の人たちからは、長年独身貴族だったモトさんが浮気するのではなんていう声もあがったそうですが、「ないないないない! とりあえずしない」と話し、由美夫人は浮気したら車ね、とコメントしたそう(笑)。ちなみにお二人が出会ったのは、なんと10年前なのだというからビックリ!なんでもっと早く結婚にならなかったのかなあ、なんて思ってしまいますが、モトさんの知人と一緒に彼のディナーショーに由美さんが訪れたのがきっかけだったそうですよ。モトさんは「生きている間に結婚できてよかった。失敗はないし、これで仕事に専念できますよ」と話されていたそうで、年をとってもきっと仲の良い夫婦でいかれる予感ですね。

評判の国際ジャーナル 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
[PR]

by houdoutsushin | 2010-05-12 18:34

株 現代画報社 母の日のプレゼント

懸賞 2010年 05月 11日 懸賞

5月9日は「母の日」です。みなさんは、お母さんに何かプレゼントをされるのでしょうか。
毎年、感謝の気持ちを込めてプレゼントされているという人も多いでしょう。
5月に入ってからは、店にはカーネーションが販売されるようになりました。カーネーション
を見かけると「母の日」が近づいてきているなと思います。

この5月9日の「母の日」に向けて、大型連休中の百貨店などでギフト商戦が本格化している
のだそうです。以前、雑誌「現代画報」で「不景気」に関する記事が載っていたのですが、
その影響を受けてか、所得の伸び悩みなどで今年は贈り物の金額も減りそうだといいます。
が、何とか財布のひもをゆるめてもらおうと、各社で知恵を絞っているのです。

東京にある百貨店では、入り口に長期保存できる花「ブリザードフラワー」が並んで、買い物
客の目を引いているようです。平均価格は約3500円で、昨年より500円ほど価格を下げたという
ことです。

ある新聞社のネット調査では、母の日のプレゼントの平均予算は今年6768円という結果が出て
います。昨年より1327円下がって、最高だった2006年の1万517円と比べると3割以上も落ち込ん
でいます。そして、贈り物をする人は93パーセントで、昨年よりも7ポイント上がりました。
「財布のひもは硬いけれど、感謝の気持ちを伝えたいようです」と担当者は話しています。

母の日に、大きな物や高価なものは望んでいる人はいらっしゃるでしょうか。子供からの
感謝の気持ちだけで、嬉しい気持ちになりませんか?私の子供はまだ幼いのですが、子供
から「ありがとう」と言われるだけでもとても幸せに思います。


国際ジャーナルで理解できる 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています
[PR]

by houdoutsushin | 2010-05-11 11:15

現代画報社 情報誌 全国学力テストの見直し

懸賞 2010年 05月 10日 懸賞

新政権で、全校参加から抽出方式に変更された「全国学力・学習状況調査」、いわゆる全国
学力テストについて、文部科学省は検討会議を設置して抜本的に見直すことを決めたのだそ
うです。

3年続いた全校参加方式を取りやめたものの、4月の学力テストでは希望参加校が殺到しました。
これは、新聞やテレビでも取り上げられていたのですが、「抽出方式への変更は拙速だった」
との批判が改めて強まったためで、対象学年や教科増のほかに、全校参加方式の復活も検討
対象とするということです。

文部科学省は近く、全国の教育委員会から意見を聞く調査を実施するということです。大学や
経済界の意見も聞いて、5月にも専門家検討会議を発足させて、来年度からの見直しを視野に
新学力テスト構想の具体化を進めるといいます。8月までには一定の結論を得たい考えだという
ことなのです。

4月20日実施の学力テストでは、小中全体の3割にあたる抽出校に加えて4割超の学校が参加を
希望、全体で7割を超えたといいます。

方式が、あれこれと短期間で変更されるというのは生徒たちにも影響が出ると思うのです。
私が今、学生であれば、あまり良い生徒ではなかったため「なんで」「面倒くさい」と思う
でしょう。学力テストで地域の成績を決められるのです。もし、成績が悪いようであれば
気分の悪い意見を言われるわけです。でも、学生時代にしか味わえないのがテストであり、
勉強なのです。学生時代にしっかりしておくと将来に役立つということが、この年齢にな
って私はしみじみと感じています。


bus.gob.jp 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています wiki
[PR]

by houdoutsushin | 2010-05-10 14:01

現代画報社 報道ニッポン 水も限られた資源

懸賞 2010年 05月 07日 懸賞

人が快適に生活をしようとすると、一日にどれぐらいの水が必要か。答えは20リットル。500mlのペットボトルが40本ってすごいですよね。水不足と水質汚染の酷い国ではたくさんの子供たちが命を落としています。蛇口をひねれば水が出てくる日本では考えられないくらい、水資源の恩恵からかけ離れた生活を余儀なくされている国々が多いのです。私たちが使う水の大半は雨水によって成り立っています。世界的に見ると年間降水量が2倍近い日本ですら、空梅雨の年は水不足が深刻になります。四国地方では毎年のように水不足で節水制限が敷かれま
すよね。
水資源の枯渇についての記事が報道ニッポンに載っていたので少し調べてみたら、地下水の枯渇は今や世界的な問題となっているようです。水質汚染も進んでいます。水の使用量としては、農業、工業、三番目に生活用水です。水不足による農業の衰退は食糧問題に直結していますから、輸入に頼る日本は自国が水資源が豊富でも他人事ではないのです。
そうなってくると、誰もが思いつくのは海水を淡水に変えるシステムです。サウジなどで行われているのは、海水を熱し塩分を蒸発させる蒸留方法ですが、大量の燃料が必要となります。もう一つは海水を圧力をかけて逆浸透膜と呼ばれる濾過膜に通して、海水の塩分を漉す方法。このどちらも大変なコストが掛かります。石油も水も、やはり節制して大切に使っていくしかないのでしょうか。今後の研究の発展が望まれますね。



yopの国際通信社 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています wiki
[PR]

by houdoutsushin | 2010-05-07 14:30