<   2010年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

報道通信社 経済情報 バンクーバー五輪。

懸賞 2010年 02月 26日 懸賞

バンクーバー五輪が盛り上がっている。毎回毎回見ては泣いている。やはり世界を目指す人たちは違う。いろんな物語があって、苦労があって、メダルが取れて満足な人もいれば、実力が出し切れず残念な結果に終わることもある。感動の涙を見ては泣いて、悔し泣きを見てはつられて泣く。
先ほどニュースを見たら、フィギュアのカナダ代表の選手の母親が応援のためにバンクーバー入りをして、急死してしまったそうだ。彼女の悲しみは計りきれないし、演技の影響も懸念される。きっと笑顔も出せないくらいつらい状況であろう。しかし五輪の舞台で彼女はプロとして笑顔で踊らなければいけない。きっと天国へいった母もそれを望んでいる。
同じくフィギュアの銅メダリスト高橋大輔選手も、怪我に泣かされて、遂に表彰台に立ち、メダルは逃したが入賞した織田信成選手は靴紐が切れてしまうというトラブルに見舞われた。高橋選手の笑顔の裏で悔し泣きをする織田選手の姿を見て、号泣したのは言うまでもない。
勝利の女神は何を見て微笑むのだろうか。それまでの努力や苦労が必ず報われるとは限らない。彼女のきまぐれでとんでもないところに勝利がもたらされることもある。しかし、世界に立つ人たちの努力や苦労を知れば知るほど、私ももっともっと頑張らなければという気持ちにさせてくれる。私より年上でもまだまだ現役にこだわって戦い続けている人もいる。負けてはいけない。前へ進まなければ。

報道通信社の報道ニッポンの民法商法を読む 国際ジャーナル 国際通信社グループ 掲載料 発行部数は約3万部 東京 民法 刑法 現代画報は現代画報社から出版されています 名古屋 取材です 商法 取材します 大阪 報道ニッポンは報道通信社から出版されています タレントがインタビュアーになり取材します 現代画報 評判の雑誌って? 報道ニッポン 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 取材しました 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 取材
[PR]

by houdoutsushin | 2010-02-26 18:22

国際ジャーナル 国際通信社 地方自治

懸賞 2010年 02月 26日 懸賞

現代画報の特集でも取り上げられていますが、これからの日本においては、道州
制など、地方自治をどうするかという事が、将来の日本に向けて重要なテーマに
なってきています。北海道夕張市が財政破たんしたのもそれほど前の話ではあり
ません。このようなケースをなくすために、全国の自治体に対して財政の健全化
を促す新制度が始まった様です。これは地方財政健全化法という法律に基づいて
います。ポイントとは、早期是正措置を導入するというところになります。自治
体では、病院や水道局などの企業を運営しています。また、第三セクターという
形で企業運営しているケースもあります。これらを民間と同じように連結決算を
対象とするものです。連結決算の内容が、決められた指標より低下すると、国か
ら早期健全化団体に指定されてしまいます。その後自主再建が難しくなると、国
の管理の下、財政再生団体という形で再建を目指すことになります。今のとこ
ろ、21市町村が早期健全化団体になっています。これからの地方自治では、地
方の権限も増えていくことになりますが、同様にその責任も増えていくことにな
ると思います。地域住民もその辺を充分に理解した上で、地方の政策を見ていく
必要があるのではないかと思います。






報道ニッポン | 報道通信社 | 詐欺に騙されやすい人とは 国際ジャーナル タレントがインタビュアーになり取材します 評判の雑誌って? 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 掲載料 大阪 取材しました 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 刑法 名古屋 商法 取材 取材します 現代画報は現代画報社から出版されています 現代画報 東京 取材です 民法 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 発行部数は約3万部 国際通信社グループ 報道ニッポン
[PR]

by houdoutsushin | 2010-02-26 12:50

現代画報 グラビア 歯止めが効かない

懸賞 2010年 02月 26日 懸賞

2009年度の広告費総額は前年比11.5%減の5兆9222億円、下げ幅は過去最大だそうですよ。しかも、ネット広告費が新聞広告費を初めて上回ったというから、デジタル化への移行に歯止めが効かない状態です。新聞社、広告代理店にとっては背筋の凍るニュースですね。。国際通信社で取り上げそうなこのマスコミ氷河期。雑誌業界にも言えることなんですが、新聞各社は読者の「新聞離れ」をなんとかしなくちゃいけない。広告云々より深刻な問題です。
ウチも新聞取ってませんけど。まあ 節約もありますが、ビンボになる前から新聞は取ってません。理由の第一は、新聞を読む時間が無い。隅から隅まで読めないという意味です。一面やテレビ欄だけならそれこそテレビのニュースを見たり、テレビ雑誌で番組チェックをすればいい。隅々読めてこその新聞かなと。理由の第二は、新聞に頼らなくても粗方の情報を得ることができる。ネットはくだない情報や悪徳、無意味な情報が溢れかえってますが、それだけ情報量も
多く、何より便利なところはリファレンスが早い、図書館まで行って新聞各社の新聞を一社ずつ広げて比較しなくても、ネットならクリック一つで見ることができます。と・・ここまで書いてて気づいた。いっそのこと、新聞社はネット上に情報を流すのを止めたらどうでしょう。新聞の情報は新聞を読まないと手に入らないというのは。。ダメかな・・。甘いかな。。「読みたい」「新聞じゃなきゃ得られない」ものを無いと新聞を手に取る人はどんどん減ってしまいます。社説だけじゃたぶんもう誰も読みたいとは思わない。



報道ニッポンで取材されました 民法 国際ジャーナル 取材 取材 国際通信社グループ 掲載料 国際ジャーナル 取材費 取材 商法 刑法 取材 取材 掲載料 東京 国際通信社 名古屋 報道ニッポン 報道ニッポン 報道通信社 大阪 現代画報 現代画報社 現代画報 報道通信社 現代画報社 発行部数が3万部以上です 評判の雑誌って? 取材 国際通信社 国際通信社グループ
[PR]

by houdoutsushin | 2010-02-26 02:19

報道ニッポン 取材 商店街をアートに

懸賞 2010年 02月 25日 懸賞

以前、雑誌「現代画報」で「不景気」について、様々な内容で記事が紹介されていました。
雑誌だけではなく、テレビや新聞でも不景気による影響や世間の空気など大きく取り上げられ
ているかと思います。
また不景気によって今まで商売を続けてきた店を閉めるという状況も増えているかと思います。
その中、楽しい話題が新聞で取り上げられていました。

大阪府に門真市という市があります。市内の駅近くに商店街があるのですが、この商店街が
美術かと地元住民、街づくりNPOなどと一緒に、美術を通じて商店街ににぎわいを取り戻す
「門真アートプロジェクト」に挑戦しているのだそうです。
不況で増えた空き店舗を逆手に取って、若手美術家らに公開制作の場として開放するなど、アー
ケードを美術館に見立てたユニークが試みです。
2月15日から美術作品展を開き、2月28日にはファッションショーを上演、本格的な集客に乗り出す
ということなのです。

これは、京都市のNPO「生活環境づくり21・NPOフォーラム」のメンバーで、美術家のはしづめまき
さんが中心になって企画をしたそうです。
2月15日~28日には、公募で選ばれた約30人の若手美術家が制作した作品を展示する「つながり展」
を開催します。初日の15日の夕方には「世界の缶詰バー」を店開きするそうです。
ファッションショーも行われるようで、とてもにぎわいそうな感じがします。

また、地元の小学生児童たちと美術家らが一緒になって商店街の看板を制作するというイベントも
あるそうです。子供たちにとっても良い経験になるのではないでしょうか。
不景気だからこそ、気持ちを明るくして周りも楽しくさせる雰囲気。大阪ならではでしょうか。


気ままに国際通信社 報道ニッポン 取材 発行部数が3万部以上です 国際通信社グループ 報道通信社 刑法 評判の雑誌って? 現代画報 取材 国際通信社グループ 掲載料 現代画報 タレントがインタビュアーになり取材します 掲載料 取材 国際通信社 取材 東京 国際通信社って 名古屋 取材費 報道ニッポン 国際ジャーナル 商法 取材 報道通信社 現代画報社 民法 取材 国際通信社 現代画報社 大阪 国際ジャーナル 取材商法
[PR]

by houdoutsushin | 2010-02-25 17:28

報道ニッポン 取材 非東京の価値

懸賞 2010年 02月 24日 懸賞

非東京に価値を見出す低温世代が話題になっています。
低温世代とは、本物の好況を知らない若い世代。
経済疲弊にあえぐといいますが、
地方には中央では成り立たない仕事や生き方もあります。
それを見つける嗅覚に、低温世代はたけているようです。
地元人がモデルをつとめ、地元アパレル店が提供した服を身にまとい、
地元の美容室がヘアやメークを手がけたファッションの紹介など、
地元にこだわった内容、情報に埋め尽くされたフリーペーパーを
地元のファッションビルに置き、「地産地消」を促進する町。
都心から地方に移り住み、短い通勤時間でゆとりを持ち、
就業後は夫とゆったり夕食を楽しむキャリアウーマン。
人口が膨らみ続ける首都圏ではありますが、一旗揚げようにも
コストは高く、競争も激しいものです。
20-30代の低温世代はそんな世界を敬遠しがちで、
むしろ頭をひねって「非東京」ならではの強みを生かした生き方を探っています。
そんな彼らの感覚には、どんな政策にも勝る地域活性化の種が眠っているのかもしれません。

報道ニッポン | 報道通信社 | 働くということについて 国際通信社グループ 東京 取材 民法 現代画報社 報道ニッポン 商法 報道通信社 取材 国際ジャーナル 発行部数が3万部以上です 現代画報 現代画報社 掲載料 評判の雑誌って? 取材商法 報道通信社 取材 取材 国際ジャーナル 名古屋 現代画報 取材費 国際通信社 報道ニッポン 国際通信社グループ タレントがインタビュアーになり取材します 掲載料 国際通信社って 刑法 取材 大阪 取材 国際通信社
[PR]

by houdoutsushin | 2010-02-24 16:25

報道ニッポン 取材 住宅の話題

懸賞 2010年 02月 23日 懸賞

最近気になる話題は住宅についてです。今住んでいるマンションもそろそろ古く
なってきたので、そろそろ一軒家に移りたいと考えています。現代画報にもよく
中小企業の工務店の話などもでていますが、最近の住宅業界においても、他社と
差別化を図るためには、いろいろなアイデアを実行している様ですね。この前新
聞に入っていた折込チラシで見たのですが、ここ最近は、建築家と一緒になっ
て、自宅をデザインしていく住宅販売の手法がある様です。これは、日本人のラ
イフスタイルの多様化という現象にもマッチした方法ではないかと思います。多
少費用は高くなりますが、材料の選定から始まって、間取りについてとか、備え
付けの家具にいたるまで、プロの建築家と話をしながら建てる住宅は、何か素晴
らしい住宅になりそうな気がします。住宅を購入する事は、一生の買い物になり
ますので、やはり充分に検討した上で納得のいく買い物をしたいところです。日
本人は遠慮しがちなところもありますから、自分から情報を集めて、質問をしな
がら商談をまとめていくのは苦手という人も多いと思います。そのような人に
とっても、安心した住宅を手に入れるためには、このようなサービスもいいので
はないかと思います。



国際通信社 取材 取材 国際ジャーナル 国際通信社って 刑法 取材商法 報道ニッポン 取材 東京 国際通信社グループ 掲載料 取材 取材 大阪 名古屋 民法 評判の雑誌って? 取材 国際通信社 国際通信社グループ 取材費 取材 現代画報社 現代画報社 掲載料 タレントがインタビュアーになり取材します 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報 国際通信社 報道通信社 現代画報 報道通信社 発行部数が3万部以上です 商法
[PR]

by houdoutsushin | 2010-02-23 15:53

国際ジャーナル 取材 未来予想図

懸賞 2010年 02月 22日 懸賞

新年が明けたと思ったらもう2月ですよ。一年の内の一ヶ月が終わって既に10日経とうとしてるなんて。。今年もあっという間に過ぎていきそうで恐いです。一ヶ月を振り返ってどんな一ヶ月だったか思い出せるなら、まあ良い方です。昨日の晩ご飯が言えなくなったら、ちょっとキてるかも。今のところ、何があったかは覚えてますが、年始の目標を悉く無視したかのような生活態度は、我ながら「あんまりだ」と思います。でもね~、ダイエットはホントに難しい!(何だダイエットか、と冷たくあしらわれそうですが)正月からダイエットしようなんて所詮無理な話だった。でも、じゃあ2月から、と切り替えられないこの怠惰な性格が一番悪いのです。。
これはダイエットに限らず、生活のあらゆるシーン、人生の歩き方にも言えることですが、目標や未来予想図を何も持たずにノンベンダラリとやってみても、なかなか上手くいかないですね。計画通りに生きなくてもいいけれど、ある程度、先を見て動かないとただ時が流れていくばかり
になってしまいます。その場しのぎになってしまう。刹那主義では、豊かではあってもこの何が起きても不思議ではない時代を生き抜くことは出来ても、次の世代に豊かなままバタンタッチすることは出来ないでしょう。
報道ニッポン最新号でニッポンの未来予想図についての記事が載っていて、不況という津波の後でも未来予想図を描くことを止めてはいけないのだと改めて感じ入りました。雇用情勢とかを見るとお先真っ暗に思うかもしれないけど、先を見据えながら一歩一歩進むしか道はないです。



cyber.sphere.sc 評判の雑誌って? 国際通信社 国際通信社 取材 取材商法 民法 取材 報道通信社 現代画報社 報道ニッポン 名古屋 現代画報社 大阪 タレントがインタビュアーになり取材します 取材 掲載料 取材 報道通信社 国際通信社って 発行部数が3万部以上です 国際通信社グループ 取材費 現代画報 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報 商法 東京 刑法 国際ジャーナル 取材 取材 国際通信社グループ 掲載料
[PR]

by houdoutsushin | 2010-02-22 20:22

国際ジャーナル 取材 川口悠子さんペア、4位に

懸賞 2010年 02月 20日 懸賞

毎日のようにテレビや新聞では、バンクーバー冬季オリンピックの話題が大きく取り上げられて
います。先日、あるテレビ番組を見ていると「バンクーバー五輪速報」が流れました。
それくらい、日本中が注目しているのでしょう。

オリンピック4日目の2月15日、フィギュアスケート・ペアのフリーが行われ、ショートプログラム
3位スタートの川口悠子さんとアレクサンドル・スミルノフ組は4位という結果になりました。
3位スタートということもあって、テレビでは「メダル獲得の可能性が高い」と言われていました。

川口悠子さんの存在はオリンピック開催前からテレビで取り上げられる機会が多かったように思い
ます。川口悠子さんは愛知県出身の女性です。2006年からスミルノフとペアを組んでいるそうです。

オリンピックではパートナーと国籍が同じでなければ出場できないというきまりがあるそうです。
そのため、2008年12月に川口さんはロシア国籍を取得したのです。

15日、プログラムの冒頭に予定していたスロー4回転ジャンプ。スミルノフに川口さんが投げられる
大技は、コーチの直前の支持で3回転に変更したそうですが、着氷で手をついてしまいました。
中盤のスロー3回転では、転倒する痛恨のミスを。世界でも成功できるペアがほとんどいないスロー
4回転ジャンプを自分たちオリジナルの武器と考えていた川口さんは、コーチが取った安全策につい
て、心の整理がついていなかったと新聞記事で取り上げられていました。さらに、ミスのないクリー
ンなスケートをしなければならないということが、重圧になったのかも知れないとも記事で紹介され
ていました。

結果は4位でもミスがあっても、多くの人々を魅了させてくれたのではないかと思うのです。
お疲れ様でしたと言いたいです。


報道ニッポン|報道通信社 東京 国際ジャーナル 商法 現代画報社 民法 取材 国際通信社グループ 国際通信社 報道通信社 取材 タレントがインタビュアーになり取材します 大阪 取材 現代画報社 国際ジャーナル 現代画報 報道ニッポン 報道ニッポン 国際通信社 取材 国際通信社って 掲載料 現代画報 発行部数が3万部以上です 取材 取材商法 刑法 評判の雑誌って? 掲載料 取材費 国際通信社グループ 報道通信社 名古屋 取材
[PR]

by houdoutsushin | 2010-02-20 02:56

国際ジャーナル 取材 数え方

懸賞 2010年 02月 19日 懸賞

我が家では毎朝、NHK教育テレビを見ています。
ひととおり子供が大好きな番組が終ったあと、ある番組を親子で真剣に見ています。
それは「ひょうたんからコトバ」という番組です。

日本のことわざを子供にもわかりやすく、ものにたとえて説明したり、
日常よく使う言葉の意味をわかりやすく説明したり・・・。大人が見ていても勉強になる番組です。

ある日のこと。「物の数え方」を紹介していました。番組内で「バナナは1ぽん、2ほんと
数えます」とまず説明しました。その後「バナナは木になる食べ物です。1ぽん1ぽんがまとまって
木になります。その場合、まとまったバナナを数えるときには1ふさ、2ふさ。バナナを食べようと
1ぽんのバナナを包丁で食べやすく切った場合は、1きれ2きれと数えます。物の数え方って

色々あるんだよ」と説明していました。私の子供は物の数え方にも色々あることが不思議でならな
かったようです。
次に「トリは1わ、2わと数えます。トリが産んだ卵は1こ、2こなんだよ」と説明しました。

その放送が流れた日の晩御飯が「唐揚げ」だったのです。私と子供2人分で15個ほど用意したと
思います。子供が唐揚げを「1わ、2わ」と数えだしたのです。私はなんて数え方をするんだろうと
びっくりしたのですが、朝に「トリの数え方は1わ、2わ」とテレビで流れてたことを思い出したの
です。どうやら、子供はその部分を覚えていたようです。「唐揚げは鶏肉を使ってるけど、唐揚げ
を数えるときは1つ、2つでいいよ」と言っても「トリは1わ、2わじゃないの?」と「1つ、2つ」
と数えることが納得いかない様子。正直、困りました。

物の数え方は、様々です。大人になった今でも、「これはどういう数え方をするんだろう」と思う
時があります。
テレビで紹介されていた、「バナナ」をとってみても、バナナの状態で数え方が変わります。
これを、子供に理解させるのにはまだまだ時間がかかりそうです。
私もうまく説明ができるように、勉強しなくてはなりません・・・。



今日見つけた報道通信社の報道ニッポンから発展して 国際通信社グループ 取材 国際通信社 国際ジャーナル 現代画報社 現代画報社 国際ジャーナル 刑法 取材費 国際通信社グループ 取材 報道ニッポン 国際通信社 掲載料 民法 国際通信社って 取材 報道通信社 評判の雑誌って? タレントがインタビュアーになり取材します 掲載料 発行部数が3万部以上です 報道ニッポン 取材 取材 取材商法 報道通信社 東京 名古屋 現代画報 大阪 現代画報 商法 取材
[PR]

by houdoutsushin | 2010-02-19 14:55

国際ジャーナル 取材 エコロジー

懸賞 2010年 02月 18日 懸賞

昆布やアオサなどの海藻も光合成をしているって知ってますか?私はつい最近知ったのですが、北海道の半分の面積に昆布を養殖できれば、日本が年間に排出するCO2を全部吸収できるという試算が10年前に出されているそうです。昆布で?!と驚きますよね。それがもし可能なら、日本は周りを海で囲まれているのだから沿岸にちょっとずつ養殖すれば、問題は一挙に解決!と思ってしまいます。まあ そうカンタンにいけば苦労は要らないわけで、他の生態系にどれぐらい影響が出るのかが分からないと意味がありません。自然というのはきっと微妙なバランスで成り立っているのではないかと思うのです。何かを特化させてしまうと、必ずどこかに歪みが生じてしまう。そこを考えながら解決策を見出す手段として、エコロジーがあるのかなと素人は考えるのですが、どうなんでしょう。
国際ジャーナルでエコポイントについて論議していましたが、そもそもエコというのは和製英語で、エコロジーは生態学のことなんですよね。エコというと、自然、地球に優しいというイメージだけが先行している気がします。生態学はもっと科学的な根拠や調査、統計を基にしているものですよね。このかけ離れた感じは、そのまま、個々人の環境問題への意識のギャップに繋がっているのかもしれません。もっと分かりやすく、でもイメージだけに囚われず。難しいな。。
「山に木を植えても育つのに50年はかかるが、人は20年で育つ。人を育てる方が早いんです。だから教育が大切」これは、先に出てきた昆布の説をwebで紹介していた畠山重篤さんの言葉です。「牡蠣の森を慕う会」代表として、植林活動を続けている漁師さんです。漁師がなぜ?というと、それは海を生かしているのは川であり、川を生かすのが森である、という正に生態学的な考えによるからです。すべての生命は繋がっている、ということを私たちはもっと学ばなくてはいけないのでしょうね。その生命の輪の中に人間も繋がっているからこそ、教育が大切なのだと思います。




報道ニッポンの飛躍 国際通信社 国際通信社 取材費 現代画報社 掲載料 名古屋 取材 発行部数が3万部以上です 報道ニッポン 国際通信社グループ 国際ジャーナル 取材 タレントがインタビュアーになり取材します 報道通信社 国際通信社って 取材 報道通信社 報道ニッポン 現代画報社 現代画報 掲載料 評判の雑誌って? 商法 東京 民法 刑法 国際ジャーナル 取材 現代画報 国際通信社グループ 取材 大阪 取材商法 取材
[PR]

by houdoutsushin | 2010-02-18 22:00