国際ジャーナル イタリアが原発再開断念ですが・・・

懸賞 2011年 06月 30日 懸賞

原発再開について問われた、イタリアの国民投票の投票率は約57%、

国民投票が成立となりました。

反対票は9割を超すと見られていて、原発再開反対派が圧勝した形にが

確実な見通しとなりましたが、

自国に原発を辞めても、他国から原発エネルギーを買うのであれば、

あってもなくても同じですので、

再生可能なエネルギー分野の開発に取り組んでほしいです。



しかし、どこの国よりも原発の是非を問わなくてはならない日本が、

なにもしないというのはいかがなものでしょうか・・・


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際通信社
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-30 12:47

<< 現代画報社 力仕事もok   月刊ザヒューマン 全原発停止だ... >>