ブラックホークとは?国際通信社 高齢者の聴力

懸賞 2011年 06月 21日 懸賞

新聞に載っていた記事なのですが、65歳以上の高齢者で聴力に障害のある人は、
全国で1500万人に上るという推計を、ある研究センターがまとめたのだ
そうです。
愛知県内の40~80歳代の男女1171人を対象に聴力を測定したのです。
25デシベル以下の音声が聴こえない難聴者の割合が、50歳代で6パーセント、
60歳代で21パーセント、そして70歳代で53パーセントと、華麗に伴って
急増しているということです。そして80歳代では79パーセントにも達したそう
なのです。高血圧や脳梗塞、心臓病の既往症があると難聴を発症する危険性が高かった
とも新聞に書かれていました。
「高齢者」に関する記事が国際通信社から発行されている雑誌にも載っていたように
思いますが、長年元気に生活されている人でも聴力に関して、少々驚くような記事が
新聞に載っていたので、つい目がとまってしまいました。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-21 12:01

<< 報道ニッポン・報道通信社の取材...   ユーチューブと国際ジャーナル ... >>