ユーチューブと国際ジャーナル 非難だけでは何もうまれない

懸賞 2011年 06月 21日 懸賞

最近の政局ですが、自民党の谷垣禎一総裁と公明党の山口那津男代表はともに菅
首相の退陣を求めています。この背景にはどのような考え方があるので しょう
か。谷垣氏は党首討論において、被災地復旧の遅れや原発事故の対応の混乱、賠
償のもたつき、民主党内からの首相批判などを並べ上げて首相を 非難していま
す。首相が退陣すれば与野党を超えて新しい体制をつくる工夫はいくらでもでき
るという考え方かもしれません。これは本当でしょうか。 自民党として、どの
ように復興を進めるかという具体的な代替案が国民に対して提示されてないと思
います。




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報への思い
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-21 10:25

<< ブラックホークとは?国際通信社...   ザヒューマンで読む最新記事 中... >>