報道ニッポン・報道通信社 サミットで話題となった原発の戦略

懸賞 2011年 06月 15日 懸賞

フランスのドービルで開かれた先進国サミットですが、福島原発事故が焦点と
なっています。ドイツやスイスは脱原発に大きく舵を切っています。一 方、ア
メリカやフランスは断固原発維持という立場です。中国など、先進国の仲間入り
をしようとしている国々は、経済成長に伴い電力需要が高まるた めに、原発推
進が必要なのかもしれません。ドイツについては、足りない電力はフランスから
輸入するという事を考えているみたいですが、フランスは 原子力が中心となっ
ています。



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社の報道ニッポンのSpecialistに学べ!を読み解く
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-15 07:59

<< ビジネスの月刊誌国際ジャーナル...   月刊誌・国際ジャーナル 原発地... >>