月刊誌・国際ジャーナル 原発地下水からストロンチウム検出

懸賞 2011年 06月 14日 懸賞

東京電力福島第1原発敷地内で先月18日に採取した地下水から

放射性ストロンチウムを検出したと、

経済産業省原子力安全保安院が発表しました。

地下水からの検出は、はじめてだそう。



しかし取水口付近の海水からは、最大時国が規定した濃度限度の

240倍にも上るストロンチウムが検出されています。

もちろん、海に漏れ出た高濃度の汚染水が原因。

原子力安全保安院は、魚介類で大きな値にはならないと思うが、

注意深く監視する必要があると言ってますが、何を根拠に大きな

値にならないと言えるのかがわかりません。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-14 11:57

<< 報道ニッポン・報道通信社 サミ...   報道ニッポン・報道通信社 日々... >>