ザ・ヒューマン・ビジネス 妊婦検診の未受診

懸賞 2011年 06月 11日 懸賞

妊婦検診をほとんど受けずに出産するケースがあるということを、新聞で読んだことが
あります。この問題について、平成22年の大阪府内の状況を調査した大阪産婦人科
医会が「乳幼児虐待につながるリストが高い」とする報告書をまとめたのだそうです。
未受診を胎児に対する虐待ととらえる一方で、未受信の女性自身が虐待や家庭内暴力の
被害者だったケースも多いといいます。
「出産」に関する記事が、以前に雑誌「現代画報」にも載っていたように記憶していま
す。自分のお腹に宿った小さな命が無事かどうか、健康かどうかを確認するためにも
妊婦検診というものは必要だと思います。もちろん、母体に異常がないかを知るために
も必要なはずなのですが、未受診が増えて出産するというのは非常に危険なことだと
私は思います。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年9月号のご案内 | 国際通信社
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-11 00:10

<< 国際ビジネスジャーナル インタ...   月刊誌・国際ジャーナル 原子力... >>