月刊誌・国際ジャーナル 原子力災害対策本部のあり方を考える

懸賞 2011年 06月 10日 懸賞

菅政権が設置している原子力災害対策本部ですが、東京電力福島第一原子力発電
所事故に対する政権の今後の取り組みを、「原子力被災者への対応に関 する当
面の取組方針」という形でまとめています。これによって原発事故の被災者を
「国策による被害者」と明記しているのがポイントです。今後は、 国が最後ま
で責任を持って対応する事になりそうです。それに伴って、原発事故への対応の
具体的道筋を描いたロードマップも発表されています。





国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-10 15:35

<< ザ・ヒューマン・ビジネス 妊婦...   国際ジャーナル 原発停止による... >>