国際ジャーナル 原発停止によるこの夏の影響を考える

懸賞 2011年 06月 09日 懸賞

菅首相の要請によって浜岡原発が停止する事になった中部電力ですが、浜岡原子
力発電所の運転停止に伴う夏場の電力供給対策として、愛知県内の火力 発電所
を再稼働させるなどを検討しています。これによって電力の供給量を最大73万
キロワット増やすことを目指すそうです。今年の夏が猛暑になっ た場合などに
は電力が不足するおそれがあるかもしれません。そのため企業や一般家庭では夏
場の節電が今まで以上に必要となってくると言えそうで す。





国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-09 16:16

<< 月刊誌・国際ジャーナル 原子力...   国際通信社の国際ジャーナル 最... >>