ビジネスと国際ジャーナル 放射能の安全性をしっかりと確認してほしい

懸賞 2011年 06月 06日 懸賞

福島第一原発事故によって、地域の安全性を確保することが重要となっていま
す。政府として、国が福島県内のすべての公立の小中学校や高校などに放 射線
を測定する線量計1700個を配布することを決めていますが、これは当然の対
応でしょう。原子力発電所を抱える全国の自治体や企業などの間で も線量計を
備える動きが広がっており、品薄の状態が続いているそうです。メーカーとして
は対応が大変だと思いますが、ここは頑張って欲しいと思い ます。



国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-06 12:47

<< 大人の経済誌・国際ジャーナル・...   国際画報・現代通信社・報道月刊... >>