報道通信社からビジネスシーンで また刑務所に戻りたい

懸賞 2011年 06月 03日 懸賞

新聞に載っていた記事ですが、大阪府警は5月29日にコンビニ店で食品を奪ったと
して、強盗の現行犯で無職の63歳男性を逮捕したのだそうです。
警察によると「刑務所を出たばかりだが、体力、気力もなく、戻りたかった」などと
供述しているということなのです。
以前、国際通信社から発行されている雑誌にも載っていたのが「不景気」に関する記事
だったのですが、不景気で仕事が見つからず犯罪を犯して刑務所に・・・ということが
あるということをテレビのある番組で見ました。
仕事が見つかればよいのですが、なかなか仕事が見つからないということが今でも
多いのは確かなのです。今、色々と大変な時期だとは思うのですが、今の国民の生活が
どのような状況にあるのかということもしっかり把握していただきたいと思っています。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社
[PR]

by houdoutsushin | 2011-06-03 16:00

<< 国際画報・報道ジャーナル・現代...   現代画報・国際ジャーナル・取材... >>