国際ジャーナル これからは太陽電池の時代が本格化するのか?

懸賞 2010年 05月 31日 懸賞

太陽電池はこれからの新しい産業として注目をあびていますが、国際ジャーナル
では太陽電池の動向についてどのようにとらえているのか、これからの分析が気
になるところです。太陽電池メーカー大手であるパナソニックですが、7月1日
から太陽電池事業に本格参入することをマスコミに発表しています。これからの
動きとしては、グループ企業が手掛けている販売チャンネルを使っていくみたい
です。もともと住宅や住宅内配線などの販路がありますから、そこに太陽電池を
売り込んでいくのかもしれません。パナソニックは三洋電機をグループにしてい
ますので、三洋電機の太陽電池技術についても、同じような動きが予想されま
す。これから日本においては、太陽電池が主力となっていくのでしょうか。問題
としては価格があると思います。販売量が増えることによってコストダウンが期
待できます。政府としても、太陽電池に対する補助などによって、新しい産業を
生み出してほしいところです。パナソニックについては、これから太陽電池を自
社の主力製品として位置づけていくことを考えているかもしれません。石油に頼
らない新しい時代のエネルギーとして、太陽電池には期待をしたいところです。





国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報より 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki 経営者の為の異業種ネット 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
[PR]

by houdoutsushin | 2010-05-31 18:10

<< 報道ニッポン 報道通信社 心肺...   報道通信社 キャンピングカー内... >>