現代画報社 日本の賃金制度とデフレの関係について考える

懸賞 2010年 05月 28日 懸賞

日本のこれからの行方にはどんな世界がまっているのでしょうか。たとえば、日
本的経営において代表的な仕組みと言われた定期昇給のあり方についても、これ
からは見直すべきではないかという意見もよく聞くようになってきています。国
際ジャーナルでも、この賃金制度については分析をしてもらいたいところです
ね。このような考え方の背景には何があるのでしょうか?経営者としては、どん
な主張があるのか聞いてみたいところです。定期昇給は毎年、自動的に賃金が上
がる日本ならではの制度です。しかし、グローバル社会とい呼ばれるようになっ
て、中国など世界との競争によるコスト削減の必要性が高まってきています。ま
た、物価の下落傾向が続くデフレも重要です。このような環境において賃金だけ
が毎年上昇する仕組みは維持できないのではないかという主張なのかもしれませ
んね。いずれにしても日本経済を巡るこうした情勢の変化が、これからの賃金制
度にも影響を与えかねない状況だといえるかもしれません。しかしながら、社員
の立場からしてみますと、賃金が上昇していくことが前提となっているケース
も、例えば住宅ローンなどではあると思いますから、この問題については難しい
ところもあると思います。





yopの国際通信社 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット
[PR]

by houdoutsushin | 2010-05-28 10:42

<< 国際ジャーナル 民主党 石井選...   現代画報社 氷室京介さん、グリ... >>