現代画報社 母親チンパンジー、子供への愛情の深さ

懸賞 2010年 05月 05日 懸賞

先日のテレビ番組でも放送されていたのですが、西アフリカ・ギニアの生息する野生チンパ
ンジーの群れで、母親が病死した子供を放置せずに、ミイラになるまで長時間、背負う様子
が、京都のある大学によって確認されました。
研究チームは、子供の死を悲しむ親の感情が表れた行動とみています。

大学教授と助教授は1992年、ギニア南部のボッソウ地域に住む約20頭の群れで、病死した2歳
の子供を母親のチンパンジーが27日以上、背負っているのを観察したのです。さらに2003年、
この母親チンパンジーが1歳の子供を68日間、別の母親チンパンジーが2歳の子を19日間、それ
ぞれ死後に運んでいるのを確認しているのです。

いずれも、母親は毛繕いしたりハエを追い払ったりしていました。また、肩と首との間に子供
の手足をはさんで背中に乗せるなど、子供が生きている時には見られなかった行動をしていて、
研究チームは子供が動かなくなかったことを母親チンパンジーは認識していたと推測しています。
大学教授は「死んだからといって放っておけないという子への愛情が、行動に出たのだろう」と
話しています。

テレビでこのニュースを見たときに、とても胸が痛くなりました。母親の子供への対する愛情
が、限りないものであるということが今回のチンパンジーに行動に出ているのだと思うのですが、
この子供への愛情に関しては、人間の親が見習わなくてはならないのではないでしょうか。
以前、雑誌「現代画報」でも「虐待」に関する記事が載っていたのですが、ほんの些細なことで
自分の子供を傷つけたり、命を奪うのです。子供の存在が自分にとってどのようなものであるか、
しっかり見直していただきたいですね。どのような気持ちで子供を生んだのでしょうか。そこか
ら思い出してみて下さい。


国際通信社を読む、続・取材 wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
[PR]

by houdoutsushin | 2010-05-05 10:50

<< 報道ニッポン 報道日本 仕分け...   報道通信社 エコポイントが消費... >>