米人英会話教師、教え子女児40人性的暴行容疑

懸賞 2010年 03月 30日 懸賞

少し、気になるニュースです。このアメリカ人の行為は断じて許されないが、何故、10数年間もこんな行いが継続されたのだろうか? 普通、小学生程度の子どもであれば、様子がおかしくなったり、何らかの兆候が現れて露見するものと考えられる。何が起きていたから、10数年間も露見しなかったのか、単に犯罪者を立件するだけでなく、その点も明らかにしないと子どもにとっての安心した社会とならない。子どもに対する被害については、家庭内虐待も同じことが言えるが、もっと強制的な子どもの保護を強く図るようにすべきである。
この事件が風評となって広がっていたのなら、警察、行政はもっと積極的な介入が必要と思われる。子どもは将来の日本の宝である。トラウマとなって大きな傷を背負っていかねばならないことは悲劇である。見込み捜査になって冤罪を産む可能性は取り調べの可視化や警察の捜査のスタンスを変えて特別な組織で対応するなどの工夫で対処できないものだろうか。


今日見つけた報道通信社の報道ニッポンから発展して 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
[PR]

by houdoutsushin | 2010-03-30 15:43

<< 現代画報社 無国籍の子どもをな...   柴田倫世さん、腰を痛める >>